店長からのご挨拶 絵画への想い

HOME > 店長からのご挨拶・絵画への想い
店長ヒロミからのご挨拶・絵画への想い

ようこそ!精霊絵画Dia√12へ!!
私、精霊絵画Dia√12店長のヒロミです。

一番のこだわりは、メッセージの込められた絵画をご注文を受けてから手描きで1点1点描く!ということです!末永く皆様に喜んで頂けるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

結婚してから、夫(KAZU)の絵を広めるサポートをしています。
KAZUの絵を始めてみたときは、とても明るく、柔らかなエネルギーを感じました。
そして、絵の中のメッセージを聞くにつれて、自分の心の中に響くものがありました。

お客様の中でKAZUの絵を見て、
「絵に込められたメッセージに救われた!」
「これから夢を叶えていくために、絵を見ながらがんばっていきたい!」

と言葉を頂いたり、

オーダーメイドで絵をお描きした方には、
「まさに、私の使命が描かれていました!」
「私の夢が、絵として形になりました♪」

「私にタイミングよく、いま必要なメッセージの込められた絵を描いてくれる!」
という人にお会いしたことや、

KAZUから、「僕のメッセージを広めて欲しい!」と言われたこともあり、
私の使命は、”KAZUのメッセージの込められた絵を一人でも多くの人に広めること” だと確信しました。

そこで、私は閃いたのです。
「私が、KAZUの専属画商になればいいんだ!」と。

KAZUの絵には、生きる上で忘れかけていた大切な気づきのメッセージが込められています。

そのメッセージは、万物に宿る精霊や天使として描かれています。

天使や妖精たちは、ふとした自然の中や、そよ風に潜んでいます。
自然が破壊され、失われつつある現代は、天使や妖精たちにとっては住みにくい環境なのかもしれません。
でも、そんな彼らの喜びは、私たちの心の癒しにあるのかもしれません。

生きていく中で、”自分のことだけ” を考えがちな現代。
そんな社会の中で、徐々に失われていく心の癒し、思いやりの心、想像力・・・。
それこそが、天使や妖精たちの喜びだったのではないでしょうか。

私たち一人ひとりが彼らの存在を信じるだけの、”心の豊かさ”、”想像力” を持ち続けることができれば天使や妖精たちは生きていくことができるのです。

そんな大切なことを忘れないように、精霊画家KAZUの絵がお役に立てればと思いスタートしました。
ご興味を持たれたら、どうぞサイトに入ってみてください。
「心の空虚感・虚無」が「心の平安」に少しずつ変わっていくはずです。
そして、みなさんの夢が少しづつ叶っていきますように・・・。

あなたの心の中に、天使や妖精が暮らせる場所はありますか?

あなたの心の中に、”大切な何か”を伝えることができますように・・・。




最近では、印刷技術が進みシルクスクリーンやジクレーといったもので、早く、大量に、絵の複製が簡単にできるようになってきました。
しかし、コピー機から出てきた絵を購入するのと、キャンバスの上に絵の具をのせて、一つひとつ手描きで、注文された人のことを思いながら少しづつ描かれたものを購入するのとでは全く違ってきます。

遠くから見るだけでは、同じ絵に見えても
「絵に込めれたぬくもりや温かさは、まったく違うんです!!」

例えば、食べ物でも作った人の温かいものや込められたものが伝わってきます。

食べ物でコピーはできないし、見せ掛けの食べ物ではお腹かがいっぱいにならないのと同じように、原画もまた、食べ物と同じで、手作りの出来立てのものを口から直接食べるような感覚で、手作りでつくること、手描き描くことで魂が宿っていくと思うのです。

KAZUは、注文された方のことを思いながら、絵を描いていきます。
そのため、自分で描いた原画を元に、絵を手描きで複製していくときでも、不思議と一つひとつ絵の表情が変わってくるんです!

絵の持ち主の方の喜ぶ顔を想い浮かべて、一筆ひとふで絵を描くことによって、はじめて、お客様専用の絵になるのだと思います。

そんな世界でたった一つの絵を、感じていただきたいと思います。
「絵を見るたびに、幸せな気持ちになる!」と喜んでいただけると、本当にうれしいです。

これからも心に響く絵を届け続けていきたいと思いますので、ご声援のほどよろしくお願いいたします。
店長 ヒロミ